行政

その他

指定確認検査機関の調査で計算書に疑問点12件/国交省

 国土交通省は4月24日、構造計算書偽装問題に関連し、指定確認検査機関から抽出したマンション等の調査結果を発表した。指定確認検査機関からの抽出物件103件のうち12件で構造計算に疑問点が認められ、さらに5件は精査中としている。  同調査は、緊急建築確認事務点検本部が特定行政庁への立入検査などに伴い、各機関から提出された確認申請図書を(財)日本建築防災協会に再計算等を依頼した。  103件の中で、偽 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2006年5月8日