不動産流通・売買・仲介

連載

競売物件 東京地裁 開札トピックス(597)/地価上昇が郊外にも/瑞江の土地付建物/路線価1.5倍で落札

 今年度は昨年に比し、開札回数が2割程度減ることになる東京地裁であるが、一方で1回の開札対象物件はやや多い感じを受ける。しかし売却率は好調で、高落札率を維持している。  この日も2物件の不売を残すのみであった。そんな中で、一番人気だったのが都営新宿線瑞江駅徒歩15分に立地する土地付建物である。土地は北西側で幅員約7メートルの公道に面した21坪強で、建物は木造で築8年弱、延面積24・3坪という内容で ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2006年5月8日