団体

その他

2006年度事業計画策定/東京ビル協会

 (社)東京ビルヂング協会は4月28日に定時総会を開催、2006年度の事業計画を決定した。政策活動として、土地資産デフレからの脱却を図るため、固定資産税などの抜本的見直しなどを要望する。あわせて、耐震改修、省エネルギー改修、バリアフリー化などの促進、ビル事業関連税制の創設・改善も要望する。  また借地借家法の見直し、都市計画・建築行政など、ビル業界が当面する課題について関係方面に働きかける。  高 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2006年5月8日