ハウス・住設

連載

住宅時評 トレンドを斬る(387)/2×4の耐震性能、3階建てでアピール/公開で実大実験/揺れに対する強さを再確認

 日本ツーバイフォー建築協会は4月24日、つくば市の土木研究所の振動実験施設(3次元大型振動台)で、3階建ての実大建物による振動実験を公開で行った。実験建物は各階53平方メートルの3階建て。外壁仕上げはサイディング張り、内壁は石膏ボード張り・一部ビニールクロス仕上げ。  今回の実験は2つの地震(阪神・淡路大震災と新潟県中越地震)で記録された地震波(横方向と縦方向の揺れ)を再現して2×4住宅の揺れに ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2006年5月8日