行政

その他

高齢化社会に対応した「全ての人に優しい街」/茨城県「桜の郷」

 「すべての人にやさしい街」のモデルに―。茨城県が主体となり、保健・福祉・医療の連携によるひとにやさしいまちづくりが勝田地域で進められている。安心・ふれあい・うるおいをテーマに施設整備が進んでおり、住宅地「桜の郷みなみ台」では現在すでに約50世帯が生活をスタート。宅地分譲の先着順申込も受付中だ。 ■保健・福祉・医療など安心まちづくり徹底  「桜の郷」はJR「水戸」駅から約7・5キロ、同「赤塚」 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2006年5月8日