不動産流通・売買・仲介

連載

競売物件 東京地裁 開札トピックス(440)/久我山の一棟マンション/3年前の入札で不落札/月収350万円程度で人気

 競売不動産の裁判所の処理はここ数年スピードアップされ、未済処理物件は大きく減少した。そういうなかにあって、2月18日開札で平成7年申立事件の物件が開札対象となったが、当該物件が最低売却価額2億1502万円という高額にもかかわらず、16本という大量入札を集めたのが目を引いた。\n この物件は、京王井の頭線久我山駅徒歩5分に立地する一棟マンションだった。土地は北側で幅員8メートル公道、東側で幅員4メ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2003年3月13日