不動産証券化

その他

新川崎三井取得/共有持分203億円/日本ビルファンド

 日本ビルファンド投資法人(NBF)は31階建てのツインタワー「新川崎三井ビルディング」をスポンサーの三井不動産から203億円で取得(共有持分35%)する。引渡日は3月31日。価額は大和不動産鑑定の評価と同じで、地震PML値は4・9%。NOI利回りは約5・5%の見通し。築年数は17年近く経過している。もともとは三井不動産が100%所有していたものだが、92年に持分の約半分を三井生命に売却。今回は、 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2006年2月27日