その他

連載

2006年 米国不動産動向を探る/奥田 ”サム”貞沖/買い替え作業に見る投資事情/住宅取引が活発化/価格の高騰で 資産効果にも恩恵

 ここ数年、米国では国内景気や低金利を背景にした住宅取引の増加で、不動産価格が高騰しているが、投資物件オーナー達にも同様な資産効果の恩恵がもたらされている。当然ながら、そうした投資家たちの多くは、値上がった物件を同額か、それ以上の投資物件と買い替えることで、合法的に譲渡利益に対する納税を延期することができる方法を活用している。いわゆる等価交換の作業である。米国では富裕層の90%以上は不動産投資を通 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2006年2月27日