行政

その他

都市景観条例を公布/事業者・市民が協力/地域の個性との調和に配慮

 横浜市は2月15日、「横浜市魅力ある都市景観の創造に関する条例」を公布した。  目的としては、魅力ある都市景観を創造するため、横浜市、事業者、市民の責務を明らかにし、「地域の個性と市民等の豊かな発想が調和した、人をひきつける質の高い都市の実現」を図り、「横浜らしい都市景観が市民の財産として将来にわたり共有され、市民生活の向上に寄与すること」としている。  ここで各責務を見てみると、市の責務につい ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2006年2月27日