開発, 賃貸管理, ハウス・住設

1面トップ

賃貸特集/市場活性化へ今が”正念場”

 長引く不況から景気回復の兆しが見え始め、賃貸住宅市場は大きな転換期にある。新築物件数が需要を上回る供給過剰状態が続いており、国も既存物件の有効活用へ施策をシフトしているものの、空室率上昇と賃料下落の傾向、都心と地方の「二極化」は、入居者確保に悩むオーナーにとって厳しい状況となっている。一方で、不動産証券化市場で賃貸住宅がファンドに組み入れられるなど、投資不動産市場・REITの活性化は日本の住宅市 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2006年2月27日