分譲

その他

40年迎えたマンション市場 新時代へ/普及が進む/免震工法

 地震大国日本にあって震災対策は重要なテーマだ。その中でも近年注目されているのが、建物への被害を防ぐだけでなく揺れそのものを軽減する免震工法。とくに阪神淡路大震災で、建物は無事だったが倒れた家具などで圧死した事例が多く報告されたことから、大手ハウスメーカーやデベロッパー各社が採用を始めた。現時点ではメンテナンスや費用の問題もあり、それほど事例は多くないが、将来は分譲のみならず賃貸物件でも一般的にな ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2006年2月20日