行政

その他

TX沿線の開発推進/住宅プラン見直しも

 「ライフステージにあわせた住環境をつくる」では、県営住宅の整備や住宅マスタープランの見直しを策定する「質の高い住まいづくりと住環境の整備」(94億6900万円)、住宅相談業務を実施する「快適な住宅居住の支援」(2800万円)、住宅防犯相談会を実施する「住まいの安心・安全の確保」(400万円)。「質の高い住まいづくりと住環境の整備」は前年度116億に対し、約22億の減額。これについて埼玉県総務部財 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2006年2月20日