その他

社説

【社説】信託法改正で金融と融合へ

 1922年に制定された信託法が84年ぶりに改正されようとしている。社会環境の変化に対応し、規制を緩和するとともに、実務上必要なルールを整備していこうというものだ。不動産証券化や不動産投資市場の整備が進むなかで、信託法の改正は金融と不動産の融合をさらに進展させることになりそうだ。  信託とは、財産の譲渡、担保権の設定、その他の処分があり、自己の利益ではない一定の目的のために当該財産の管理または処分 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2006年2月20日