地域業者

その他

太陽工業/沖縄で最大ドームの膜屋根工事終了

 太陽工業(本社・大阪市、能村光太郎社長)はこのほど、沖縄県下では最大の大きさを誇る、多目的ドーム施設「宜野座(ぎのざ)ドーム」(沖縄県宜野座村)の膜屋根工事を終了させた。  「宜野座ドーム」は、ラグビーボールのような楕円形のかたちをしたドームで、建築面積は5095・29平方メートル(長軸86・22メートル×短軸69・42メートル)、高さは28・2メートル。屋根膜の材料は酸化チタン膜。  「今年で ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2006年2月20日