不動産流通・売買・仲介

その他

ホールセール部門の収益の約4割に/東急リバブル/信託受益権販売が好調

 東急リバブルの信託受益権売買が好調だ。今中間期でのホールセール部門の取扱件数のうち、約15%が信託受益権売買によるもの。複数物件をまとめて扱い、額の大きいものが多いため、売上比率は約4割にまで拡大している。同社では今後、売上比率で5割超は確実と見ており、信託受益権売買の「プロ」の養成を含めて、積極的に展開していく構えだ。(中川晋一記者) ■専門部署で人材育成  同社の最近のホールセール部門の ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2006年2月20日