行政

その他

偽装物件ローン/借入負担軽減へ/全銀協

 全国銀行協会(会長・前田晃伸みずほフィナンシャルグループ社長)は6日、構造計算偽装マンションに関わる住宅ローンの借入者に対し、負担軽減措置を講ずると発表した。軽減措置は、ローン返済据置期間を最大3年間猶予するほか、返済期間の最大3年間延長、金利の引き下げ、返済方法の変更に関わる事務手数料の徴収免除など。また、同マンションの建て替えなどに関連し、抵当権の抹消などに協力するとともに、再建後のマンショ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2006年2月13日