開発

その他

新日本建物/通期業績を上方修正/経常利益22億3000万円で前期比の約2倍見通し

 新日本建物が2月6日に発表した2006年3月期通期(連結)業績予想によると、経常利益が前回予想よりも7億3000万円増の22億3000万円の増益、当期純利益が3億5000万円増加の11億5000万円になる見通しだ。売上高はマンション販売事業で12億円の減で543億円になるもよう。一方、広告宣伝費や販促費が期初予想に対し大幅に減少することから増益の見込み。

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2006年2月13日