行政

その他

構造計算緊急調査委/「制度の抜本見直しを」/建築確認中心に中間報告

 民間からの識者などを構成委員とする「構造計算書偽装問題に関する緊急調査委員会」(座長・巽和夫京都大学名誉教授)は、「中間報告」をとりまとめ、8日北側一雄国土交通大臣に手渡したのと併せ、同日開かれた第4回社会資本整備審議会建築分科会基本制度部会で報告した。同中間報告は、偽装問題に対する不安解消のための視点と信頼回復に向けた検討課題の2項で構成。中間段階ということもあり、建築確認制度の問題点などを中 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2006年2月13日