ハウス・住設

その他

“超”省エネ住宅を発表/シェルター/年間光熱費2万7000円を実測

 年間光熱費2万7000円を実測―このほど、木造建築・接合金物構法における日本のパイオニアであるシェルター(本社・山形県山形市、木村一義社長)が、自社の超省エネ住宅「KES ZERO(ケス ゼロ)」で、1年間の居住環境調査を実施。同社は、140ミリ角柱梁(一般的な在来工法は105ミリ角)で、高耐久の「100年住宅」を謳っているが、さらに耐久性を向上させた210ミリ角の「KES1(ケスワン)」をエネ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2006年2月13日