行政

その他

入居者に対して雑損控除活用を/構造計算偽装対策連絡協

 第12回「構造計算書偽装問題対策連絡協議会」が1月31日開かれ、構造計算書偽装物件の入居者への雑損控除の取り扱いなどを決めた。  「雑損控除の取扱い」については、入居者の転居先における申告が円滑に行なえるように、罹災証明書の発行方法などが協議されたほか、居住者が全て退去した分譲マンションの「安全管理」について、警察・消防が協力することなどが話し合われた。

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2006年2月6日