不動産証券化

その他

石川島播磨重工業/田無工場6.7ヘクタールを三井不動産・リクルートコスモス等に202億円で売却

 石川島播磨重工業は1月30日、2007年9月末までに移転・集約する田無工場(西東京市)について、工場閉鎖後に遊休資産となる工場用地の約6.7haを売却すると発表した。資産の有効活用を図るために工場閉鎖に先行して売却するもの。売却先は三井不動産、リクルートコスモスほか2社としている。売却額は202億円だが、帳簿価格は2億600万円。譲渡は06年3月下旬を予定している。

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2006年2月6日