不動産証券化

その他

グローバル・アセット/3月から関西特化型の私募ファンドを運用/REITも視野

 グローバル・アセット(東京・千代田区、林志明社長)は2006年3月から、関西圏に特化した私募不動産ファンド「関西ファンド」の運用を開始する。運用期間は3年間。投資対象はレジデンシャルやオフィス、商業施設、ホテルなど。今年1月から不動産の取得を開始しており、3月末時点で資産規模が約100億円になる見込み。3年後に500~800億円程度まで積み上げた上で、J―REIT市場への上場も視野に入れる。   ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2006年2月6日