賃貸管理

連載

ボーダレス時代の異文化共生住宅(48)/第2部 異文化共生住宅の課題/もっと知りたい外国人事情/韓国人の賃貸借事情 その2/取りあえず日本に着いたら”民泊”?

 最近、韓国から多くの留学生・ビジネスマンなどが、学校や仕事探しのために日本を訪れるようになってきた。そんな時、必要なものといえば気軽にしかも安く泊まれる宿泊施設ではないだろうか。しかもそこが、気の利いた所ならいうことはない。  新宿の大久保地区には民泊(韓国語発音ではミンバク)と呼ばれる、気の利いた簡易宿泊施設がある。この民泊、ほとんどが一般家庭の間貸しスタイルの宿屋である。客室には個室と相部屋 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2006年2月6日