地域業者

その他

少子高齢対応型に特化/アービック事業計画/ペット共生型マンションを拡充/高優賃の申請準備も開始

 アービック(千葉県市川市、加藤泰寛社長)は、今後の事業計画として、少子高齢社会対応型事業に特化し、高齢者向け優良賃貸住宅およびペット共生型賃貸マンションの開発を進める。とくにペット共生型マンションについては、年内に3棟を開発するほか、入居者向けサービスを充実させる考え。また、第3次OA化では、日次決算を可能とするシステムを構築する計画。  高優賃住宅は、千葉県のモデル事業として、2003年11月 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2006年2月6日