不動産証券化

連載

ワンポイント時評(934)/モデルルームの構築費/無駄に豪華なモデルルーム/甘すぎるコスト意識

 現地取材を続けていると、今年もまた大規模マンションで豪華な販売センターを構築する事例が目につく。かつての東京ツインパークスのように約20億円かけたという事例はさすがに見当たらないが、少なくとも数億円はかかっていると思われるものも相変わらず存在している。高価なパンフレット制作やタレントの起用と共に、販売センターの構築費は分譲価格にはね返ってくるのは関係者にとっては周知の事実である。\n ところで先 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2003年3月6日