その他

その他

駅前を歩く/都市開発の必要性/多くの建物が老朽化/相模鉄道 相模大塚

 相模鉄道、小田急の接続駅である大和駅の隣の相模大塚駅。駅北側には一戸建てを主体とした住宅街が広がっており、静かな環境となっている。一方で南側には、築30~40年は経っていると思われる賃貸住宅など、老朽化した建物も多く、都市開発の必要性を感じた。今回は、その相模大塚駅の周辺を歩いてみた。\n 北側は、比較的新しく開発された街という印象を受けた。住宅を建てたときのセットバック部分がまだ砂利だったり、 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2005年5月30日