不動産流通・売買・仲介

連載

競売物件 東京地裁 開札トピックス(551)/自由が丘の一戸建て/入札61本で一番人気/久々の開札、入札率96%

 5月16日、久々に東京地裁の開札が行われた。落札率が96%を超えたことに驚かされたが、それよりもこの日、最低売却価額1億8000万円超の物件が入札61本を集め、一番人気となったことに目を引かれた。\n その物件は東急東横線自由が丘駅徒歩7分に立地する一戸建てで、土地は南側で幅員6メートル、西側で幅員5メートルの各公道に面する角地で、約140坪弱ある。建物は築25年の木造で、延床面積約80坪という ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2005年5月30日