不動産流通・売買・仲介

連載

紙上講座 コンプライアンス行動基準(30)/緊急時への備え/連絡体制の整備が必要に

 不動産実務者は、緊急時の連絡ルールや連絡網の見直しを行い、常に最新版の非常時連絡体制を確立し、大規模災害等に備えておきます。\n 会社が、営業や業務を継続していくには、さまざまなリスクが存在します。そのリスクを回避するか、または業務が停止しても可能な限り早急に復旧させ、業務を再開させることが必要です。\n 緊急事態が発生したときに、会社としての連絡体制を早急に立ち上げるためには、会社の「緊急連絡 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2005年5月30日