地域業者

その他

“健康住宅”を拡充/ヤワタホーム/「Vivre3」5月から発売/3工法(「癒しろ炭」など)を標準仕様に

 「いやし健康増進住宅研究会」の会員企業であるヤワタホーム(千葉県香取郡東庄町、八幡英毅社長)は、マイナスイオン優位環境を生み、シックハウス症候群にも効果があるSODリキッド、微粉炭添加コンクリート、癒しろ炭の3工法を標準仕様にした戸建て住宅「Vivre(ビブレ)3」を5月から販売した。同社は、03年からシックハウス対策など、健康に配慮した戸建て住宅を開発しており、今後も年間60~70棟のペースで ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2005年5月30日