地域業者

その他

総和地所/ビジネス領域拡大へ/来秋ジャスダック上場/高齢者向け事業進出を視野

 郊外のファミリー向け分譲マンション事業を展開している総和地所(渋谷区、辻秀樹社長)は、2006年秋のジャスダック上場を目指す。分譲マンションに特化してきたが、団塊世代が新たに高齢社会の仲間入りをする時期を踏まえ、シニア向け事業への進出をはじめ、賃貸・管理等も手掛けてビジネスモデルの再構築を図っていく方針だ。(中野淳記者)\n 主力商品の分譲マンションの04年供給実績は487戸。05年も500戸程 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2005年5月30日