不動産証券化

その他

ニッセイ基礎研究所報告/機関投資家は独自チェックを/ファンド不動産価格の妥当性

 ニッセイ基礎研究所の不動産投資分析チームの松村徹上席主任研究員は5月19日に発表した「求められる不動産価格の妥当性検証の仕組み―J―REIT、私募ファンド市場の健全な成長のために―」というレポートの中で、ファンドの不動産取引について、精通したスタッフによる内部チェックや外部の第三者によるセカンドオピニオンが必要という見解を示し、私募ファンドやJ―REITに投資する機関投資家は、取引価格が「適正な ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2005年5月30日