行政

その他

喫緊課題に重点配分/経済財政諮問会議/予算のあり方議論/防災対策、都市再生・地域再生など

 政府は24日の経済財政諮問会議で、来年度予算における公共投資のあり方などについて議論した。北側一雄・国土交通大臣は「今後は公共事業予算の削減を行う状況ではなくなっている」として、厳しい財政状況も踏まえつつ、喫緊の課題となっている防災対策や都市再生などへの予算配分の重点化を提言した。\n\n■国交相「日本は災害に脆弱な国」/住宅耐震化など提言\n\n 公共事業改革では、同会議の「基本方針」に従って ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2005年5月30日