ハウス・住設

その他

KSK/3次元ソフトの事業権取得/建設業向けの品揃え拡充

 KSK(東京・稲城市、河村具美社長)はこのほど、エム・シー・アール(東京・中央区、芦川進社長)から住宅3次元CGプレゼンテーション・システム「3D―House Meister」の事業権利を取得した今年度は大手建設住関連企業向けに50システムの販売を計画している。\n 同社は、建設業に専門特化した部署を設置しており、建設業向け総合管理ソフトウエア製品「住宅マネージャー」を核として建設業向けのソフト ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2005年5月23日