不動産流通・売買・仲介

連載

競売物件 東京地裁 開札トピックス(550)/競売の競争激化で見直しへ/任売はもちろん公売も検討/再販業者の仕入れルート

 競売の競争激化で再販業者の仕入れは大変難しい状況が続いており、従来競売にもっぱら参加していた業者としては、仕入れのルート見直しを迫られている。任意売却などの一般購入による仕入れの強化はもちろんであるが、公的強制売却手段として、「公売」も検討に値しよう。\n 公売は税金の滞納者の財産を差押え、強制的に換金売却を図るものである。差押えの対象は滞納者の財産全般であるから、不動産には限らない。自動車から ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2005年5月23日