その他

連載

2005年 米国不動産動向を探る/住宅バブルに連動した商業物件市場

 ここ数年、全米の主要都市では住宅価格の高騰が続いている。一方で、そうした不動産市場に警鐘をならす意見も多くなっている。確かに、昨年あたりの住宅価格の高騰ぶりはバブルといって構わないであろう。これに連動するかのように、商業物件市場でも一時の停滞ムードからの脱却に向けて動きはじめている。実際、昨年は住宅価格の上昇でアパート物件などの賃料の値上がりが顕著であった。通常、住宅販売が増えれば、賃貸に回る割 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2005年5月23日