不動産証券化

その他

ジェイ・ブリッジ/業績がV字回復、企業活性化支援・不動産事業の業容を拡大へ

 投資や不動産、物流施設賃貸事業などを営むジェイ・ブリッジの2005年3月期連結決算は、売上高73億2200万円(対前年比425%)、経常利益27億9400万円(同910%)、当期純利益14億6900万円(同183%)で、V字回復的に三期ぶりの黒字化を実現した。小杉産業の企業支援投資事業が好調だった。今後は、従来の物流・車輌事業から企業支援投資・不動産事業に業容を拡大していく。\n

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2005年5月23日