開発

その他

サンフロンティア/売上高・利益率の双方の業績が向上、ビル再生が全売上の81%

 サンフロンティア不動産の2005年3月期決算は売上高77億6000万円(対前年比55.1%増)、営業利益16億1200万円(同76.2%増)、経常利益14億3700万円(同81.8%増)、当期純利益7億6400万円(同82.7%増)だった。主力ビジネスのビル再生事業が全売上高の81%を占め、利益率が高い売買・賃貸の仲介事業が前年比50%増の売上を記録したことなどが好調の要因。\n

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2005年5月23日