行政

その他

国交省/「街なか居住」基金創設へ/地方市街地活性化へ/住宅供給を支援

 地方都市の活性化へ―。国土交通省は、空洞化が進む地方中心市街地での住宅建設を支援する「街なか居住再生ファンド」を6月中にも立ち上げる。空きビルや空き店舗など小規模遊休地での分譲・賃貸住宅供給を対象とし、同事業を目的に設立される特別目的会社(SPC)に出資する。同ファンドは(社)全国市街地再開発協会に設置し、初年度(05年度)の助成規模は25億円で、将来的には300億円程度まで増資する構えだ。\n ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2005年5月23日