その他

連載

中間省略登記禁止について/税理士 不動産鑑定士・森田 義男の論点(4)/「禁止の論理」への反論/最高裁の判決を無視/司法書士への「強引な締め付け」

 前回までで、全体の流れを踏まえ中間省略登記禁止の論理やその矛盾等に関して、その概略を述べてきた。今回は「禁止の論理」とそれへの反論に的を絞って少し詳しくみてみたい。\n1.司法書士会の見解\n 既に述べたとおり、法務省・登記所は「従来から中間省略登記を認めていなかった」という。その上で今回の「禁止」はあくまで「従来どおり」として、特段の説明をしようとしない。いわば黒衣に徹したこの法務省の代わりに ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2005年5月16日