不動産流通・売買・仲介

連載

史上講座 コンプライアンス行動基準(27)/会社経費の処理(2)/斡旋手数料は会社の収入

 社員が会社の社内規定に基づき、委任された権限の範囲内で、会社経費で物資を購入したり、工事を発注したりするような場合には、その決定の過程を透明、かつ公正に行う必要があります。相手先業者の選定に恣意があったり購入、発注価格等に不透明さが残るような事態は避けなければならず、例えば、先方の業者から贈答や接待を受けたから、などという理由で、納入業者を選定してはいけません。\n また、不動産売買の仲介におい ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2005年5月9日