分譲

特集

【明日のマンション開発を考える ワンルーム】

■高品質化を追求へ/供給過多への対策急務\n\n 今年4月1日にペイオフ全面解禁を迎え、不動産ワンルーム市場が再び、資産形成を考えた場合の投資先として注目を集めている。個人ユーザーへ向けた投資用ワンルームマンションの供給戸数は、2003年に約8000戸、04年に約7000戸にのぼる。04年が前年を下回ったのはREITや私募ファンドに売却した戸数が増加したためで、トレンドとしては、ワンルーム市場は9 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2005年5月9日