不動産流通・売買・仲介

その他

“顧客最前線企業”として/「サービスの質高め リピーターを増やす」/東京建物不動産販売・井上新社長に聞く/上場目指し積極展開

 東京建物不動産販売の新社長に就任した井上克正氏。同社は仲介、アセットソリューション、販売受託、賃貸の4つの事業全てが好調で、昨年度は非常に大幅な増収増益を達成した。先日、上場を目指す方針を発表した同社。競争が激しい不動産流通市場において、安定した収益体制を確保することが必要だ。東京建物では、住宅事業本部長を務めた井上新社長が、どのように舵取りをしていくのか。(聞き手・中川晋一記者)\n ―現在の ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2005年5月9日