ハウス・住設

その他

保証制度100万戸達成/良質な住宅の拡充を/住宅保証機構・越智 福夫理事長に聞く

 (財)住宅保証機構が運営する「住宅性能保証制度」の登録住宅数が4月11日に100万戸の大台に乗った。1980年に北海道釧路市で試験的に開始されてから25年目での達成だ。同機構の越智福夫理事長に話を聞いた。(長嶺義隆記者)\n\n■業者はさらに技術研究を\n\n 住宅性能保証制度は1977年の建設省(当時)の重点施策に位置づけられ、その後大蔵省(当時)の保険認可を経て1980年に北海道釧路市で試験 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2005年5月9日