統計・データ

連載

不動産観測 上海の2010年を読む(1)/矢野経済研究所/中・低価格は成長継続/高級物件が調整期突入

 矢野経済研究所はこのほど、上海万博が開催される2010年の上海市の分譲住宅事情をはじめ、優良オフィスビルや商業施設、宿泊施設、住宅内装の5つの市場規模を予測した。今号から5回にわたって、その市場分析を報告する。 【分譲住宅市場】  まず、分譲住宅の平均価格の上昇が続いているが、これは中心市街地の物件価格高騰と、外国人投資家らによる投資目的の不動産購入を主な要因として挙げている。  高級物件の今 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2005年4月25日